Copyright (C) 2017 はくい式自然栽培合同会社 All Rights Reserved.

 

​はくい式自然栽培合同会社

​〒929-1574​

石川県羽咋市酒井町モ83-1​

 

特集記事

October 11, 2018

先日、JAはくいさんの農泊事業の一環でモニターツアーが行われました~(^^)

今回のモニターツアーにご参加いただいたのは、いつも羽咋の自然栽培を応援してくれている東京の方南町から、ピザ屋の「アキッチョ」さんご一行。

※方南町のヒーロー「ベビーカーオロスンジャーも参戦」

南部小麦の種まき体験をしてもらいました。


・原料にも関わることで自分たちが作るピザへの愛がより一層深まる!
・来年はここで作った自然栽培小麦を使って「羽咋ピザ」を作りたい!

・金だけ動いてるだけじゃ全く面白くない。うちはピザ屋じゃない、ピザ農家だ!
 

などなど(^^)この方た...

October 4, 2018

東京・神奈川から一泊二日の農泊モニターツアーが行われました~。

これはJAはくいさんの新しい取り組み「農泊事業」の一環で、
多方面で活躍されているモニターさんに農業体験や観光などを通して羽咋を知っていただく。地元にいるだけでは気付かなかった羽咋の魅力、可能性を意見交換会をとおして探り、この農泊事業の具体的戦略まで落とし込むのが狙い。かな(^^)

僕たちはその案内役としてツアーに帯同しました。

ツアーご一行様はまず道の駅「のとちりはま」でランチ(僕は食べてません)

気多大社でお参り&周辺散策

前田農園で稲刈り体験

そして古民家で自然栽培農家との親...

August 16, 2018

雨が降らない日々が続いており、毎日のように雨乞いをしている竹内です。

今日は、フランスからお客様が視察にきましたよ。

この方は世界的に有名なシェフでパスカル・バルボさん。フランスの三ツ星レストラン「アトランス」のオーナーシェフさんです。(写真中央。本当に超有名な方みたいですよ。)

そんなバルボさんが自然栽培と野菜寿司を求めて、自然栽培農家と一緒に食事をするfarm to tabelに遥々こられました。

場所は、はくい式自然栽培合同会社代表の遠藤の家(築150年くらいの古民家)。

ビーガン料理研究家の沢野亜伊子氏監修の元、野菜寿司をメインに野菜...

July 31, 2018

ハトムギは出穂する際に水を欲しがる子なんです。

そして今ハトムギの出穂が始まっており、一番水が欲しい時期です。


すかし七夕の日を最後に23日間まったく雨が降ってくれません。。夕立もありません。

僕らのハトムギが水を欲しがっています。

ということで

散水作業しました。

お米用の用水路からエンジンポンプでくみ上げてハトムギの圃場にドバっとたっぷりと。

いいハトムギができますように。

July 2, 2018

大豆とハトムギ用に培土機がやってきました!
今日はメーカーの方が来て、使い方の説明&試運転会です。

新しい機械にみんなワクワク、ニヤニヤ。

この培土機。羽咋市役所さんが自然栽培農家のために購入してくれたものです。
さすが羽咋市さん!!!

機械を微調整しながら使い方のコツをつかんでいきます。

数日後、実際に僕らの圃場で土寄せ開始です。

大豆と大豆の間には草がびっしり生えてきてます。

それが培土機を入れるとこれが

こうなります。

ああ~すごい。

June 4, 2018

早いもので田植えの時期です。
2018年の田植えは羽咋市の一の宮から。

能登で有名な気多大社の横にあるとってもステキな田んぼです。

今年初の田植えなもんで、みんなで順番に田植え機に乗り田植えを楽しみました。

田植え機の運転って本当たのしいんです。

ほら顔がニヤついてる↓そんなことない?そうですか。


そんな中、苗箱の横に近づくのは・・・

ヤマカガシです。

このあたりは、ヤマカガシだけでなくマムシもたくさんいます。秋には蜂もいたるところに巣を作ってくれます。そして通年でイノシシ、田んぼのすぐ上にある山にはクマも生息し目撃情報も頻繁にあります。


そん...

May 31, 2018

ハトムギと大豆の播種作業です。

つまり種まきです。

大豆・ハトムギあわせて18ヘクタールの広大な面積を扱っているので、種を一つひとつ手で蒔くというわけにはいかず。トラクターに播種機をつけて一気に種をまいていくんです。

それでも1日1.5ヘクタール目標で約2週間かかります。 


数日後。

大豆の芽が顔を出しました。双葉の左下あたりにカメムシさんがお見えになっています。

ハトムギだってほら


これから草管理の日々が続きます。

頑張って育ってくれ~

April 17, 2018

この時期はメンバー総動員でトラクターをフル稼働させ、24ヘクタールの田畑を毎日楽しく無言で耕耘しております。


そしてここは大豆の圃場です。
場所によっては排水性のよろしくないところもあり、本来なら完全に圃場が乾くまでトラクターは入れないのですが、時間もなくやむを得ず突撃しました。

こうなりました。

March 22, 2018

ここは羽咋市の眉丈山。ウッドランドファームの新田さんの原木シイタケさんが元気よく育っています。

今回はこの原木シイタケさんを干しシイタケさんにしましょうということです。

 大量のシイタケさんです。関東からの移住組のぼくからすると宝の山に見えてしまいます。

(3.11以来、我が家では特にきのこ類は注意すべき食材のひとつだったのです。(もちろん基準は人それぞれです。))


これをはくい式自然栽培合同会社の加工場で加工していきます。

形・大きさでA品、B品、ダシ用に分ける。

ウチの自慢の乾燥器(僕のではありません)を使って24時間ほど乾燥させます。

す...

November 30, 2017

2017年もあと一か月を残すところ、ようやく大豆の収穫できましたのでご報告。

冬の北陸は雨が多く11月~12月は特に雨、雨、雨。

今年も例外なく雨ばかりの日々で天候に恵まれず、なかなか収穫ができませんでしたよ。

しかしそんな時も合同会社のメンバーはみんな常に笑顔です。もしかしたらフラストレーションが溜まりまくってるかもしれません。(心の中はわかりませんので・・・)

収穫開始!!

そして!やっとのこと、晴れ間が続きましたので、この機を逃すまいと急いで刈り取り作業開始ですよ。

羽咋市内の農家さんから借りた大豆収穫マシーン!ビーンコンバインというそう...

Please reload